当サイトは発売日より詳しく更新していきます。
ブックマークよろしくお願いいたします!

成長のピークとピークアウトする可能性のある月

ダビスタには成長のピークが存在します。ここではもっとも能力を引き出せる状態のピークと、能力が衰え始めるピークアウトについて解説しています。

おことわり

現在は過去シリーズ(ダビマス)を参考にした成長ピークの話を掲載しています。
Switch版で当てはまるかどうかは検証の上、分かり次第追記していきます。

目次

成長のピーク (全盛期)

最大スピードを初めて調教で引き出せる期間

「ピーク」は馬の持っているSP(スピード)のパラメータを最大値まで伸ばせる期間。ピークを迎えた馬はそこから初めて調教によって最大値までスピードを引き出すことが可能になります。スピード以外のパラメータについては始めから最大値まで引き出すことができます。

成長のピークを迎える時期

ピークを迎える時期は馬の成長型により異なり、全部で6種類あります。

超早熟入厩時
早熟2歳 11月
普通3歳 3月
遅普通3歳 9月
晩成4歳 5月
超晩成4歳 11月
成長型別のピーク一覧

ピークの終わり(ピークアウト)

ピークアウトを迎えた馬は能力が下がる

ピークは一定期間続きますが、「ピークアウト」と呼ばれる、ピークの終わりを迎えた馬は全ての能力が下がります。さらにレースに出場した後にも能力が下がります。

スピード以外の能力は再調教で戻せる

ピークアウトを迎えた馬でも実は、SP(スピード)以外の能力は再調教によって最大値まで戻すことが可能です。ただし、レース後に能力が下がってしまうので、頻繁にレースに出してもしまうと勝つことは難しくなります。

ピークアウトのタイミング

ピークアウトが発生する可能性のある月は決まっていて、タイミングAで判定がなければタイミングBで再度判定、さらになければタイミングC……と、Fまで続きます。判定月は以下の通りです。

タイミングA3歳 3月
タイミングB3歳 7月
タイミングC4歳 5月
タイミングD5歳 3月
タイミングE5歳 3月
タイミングF6歳 1月
成長型別のピークアウトする可能性のある時期
塩漬け

ピークアウトを迎えた馬を再調教してレースまで取っておくことを「塩漬け」と言ったりします。牡馬の実績済には塩漬けを活用するといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
0 件のコメント
インラインフィードバック数
すべてのコメントを表示
目次
閉じる